メリットの多い自動販売機設置|本格派が選ぶオフィスコーヒー

懸念される電気代

黒い自販機

自販機の設置において、多くの会社が懸念するのが、毎月掛かる電気代のコストでしょう。自販機の設置はタダで行なうことができますが、設置によって掛かるコストは自販機を設置した企業が負担しなければなりません。大型であり毎日休まず稼働している自動販売機ですから、毎月の電気代もさぞかし高額であろうと多くの人は考えます。しかし、自販機に掛かる電気代は、実際はそれほど高額なものとはなりません。自販機設置によって掛かる月々の電気代は、平均して2000円から3000円程度とされています。自販機設置による利益よりは当然低い額なので、電気代によってマイナスとなることはありません。さらに、自販機の売上に比例して利益が得られる売上連動報酬で契約を行なっていれば、売上がよければ電気代による負担もほとんど影響しないでしょう。

設置できる自販機の中には、節電ができる機器もあります。節電機能がついた機器を設置してもらえれば、電気代の負担を大きく軽減できるでしょう。節電効果の高い機器といえば、ヒートポンプ式の自販機が挙げられます。少ない消費電力で缶の温度を保つことができるので、通常の自販機と比べれば、一月に掛かる電気代に大きな差が生まれるでしょう。他にも、省エネ機能が高い自販機には動作センサーがついたものもあります。周囲に人がいなければ、自動で省エネモードに切り替わります。商品に当てるライトを消して余分な電力消費を抑えるので、設置することで高い節電効果が得られます。